ホンダが、太陽光エネルギーから水素を生成するスマート水素ステーションをHonda和光本社に設置

c151225a_001H

ホンダが、独自に開発した高圧水電解システム「Power Creator」を採用したパッケージ型「スマート水素ステーション(以下、SHS)」をHonda和光本社ビルに設置し稼働を開始したと発表した。SHSでは、太陽光発電による再生可能エネルギーから水素を製造しCO2フリーの水素を供給。Honda青山本社ビルにおいてもSHS設置に向けた準備を進めているという。

Print

CLARITY FUEL CELLの市販を前に導入されたSHSによって、車両周辺環境だけでない完全なゼロエミッションを試験的な規模ながら実現。ホンダでは、今後も水素社会の実現に向けた課題の解決に取り組んでいくという。