ポルシェのEV「ミッション-E」市販決定!

mission_e_01

フランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「ミッション-E」の市販に正式にゴーサインが出たと12月4日、ポルシェが待望の発表を行なった。

発売時期は「2020年までに」。そのためにポルシェはツッフェンハウゼン工場を拡張して、新しい塗装工場と、組み立て工場を増設する。投資額は7億ユーロ、約940億円にも及ぶ。

mission_e_03
ポルシェAG監査役会長のDr.ヴォルフガング・ポルシェは、「ミッションEは私たちのブランドの将来を明確に表現した1台です。自動車の世界が劇的に変化している昨今にあっても、ポルシェはこの魅惑的なスポーツカーによってフロントローに位置し続けます。」と語る。

コンセプトカーでは0-100km/h 3.5秒、600馬力、航続距離500kmのスペックを持ちながら、800Vの超急速充電システムによって15分間で80%の充電、航続距離400kmを可能にするというミッション-E。魅力的なコンセプト、そしてスタイリングによって、世界中で高まっていた市販化の声が、本当に叶えられたわけである。

噂では、パナメーラの弟分となる4ドアクーペのフラッグシップ的な位置づけになるのでは? とも言われる。市販開始が今から待ち遠しい!