アウディが航続距離500kmのEV、Audi e-tron quattro conceptを発表

Dynamic photo,  Colour: electric green

本日開幕したIAA(フランクフルト国際自動車ショー)で、アウディが2018年前半にラグジュアリーSUVクラスのEVを市場に投入すると明言し、そのコンセプトカー、Audi e-tron quattro conceptを発表した。

航続距離500km、最高出力370kW(503馬力)、最大トルク800Nmを実現したe-tron quattro conceptは、フロントアクスルに1モーター、リアアクスルに2モーターを搭載した3モーターシステムで0-100kmを4.6秒で加速する。

Dynamic photo,  Colour: electric green

リア2モーター仕様により、ワインディングロードではホイールごとの出力を調整し、高い運動性能と安定性を実現。

Interior

バッテリー容量は95kWで、直流と交流両方の電源で充電可能なCCS(Combined Charging System)を採用し、150kW急速充電器での充電時間は50分。また、ルーフ上には大型のソーラーパネルが装備され晴れた日には駆動用バッテリーを充電。

SUVボディで長い航続距離を実現するためエクステリアでは、徹底した空気抵抗の削減が行われており、CD値は僅かに0.25。

Audi e-tron quattro concept

また、高速走行時の空力向上と静穏化を目的としたフラップがフロントとリアに装備され、80km/h以上で作動して今までの常識を覆す静寂さを実現。

テスラ・モデルXが今月末にはデリバリーが開始されると噂されるが、その直前になってアウディからのe-tron quattro conceptの登場。Electric SUVの世界も面白くなりそうだ。

写真:Audi