ジャガー、電気仕掛けのEタイプ“E-TYPE ZERO”の製造、販売を決定

魅力的なクラシックモデルとして高い人気を誇るジャガーEタイプを電気自動車として甦らせたE-TYPE ZEROが発表されたのは2017年9月。その後、ロイヤルウェディングで大きくフィーチャーされたこともあり、更に注目が集まっていたこのモデルの製造、販売が決定した。

手掛けるのはジャガー・クラシック。エクステリアは伝統のEタイプ シリーズ1そのままだが、よく見るとヘッドライトはLED化されている。またインテリアにはオプションでタッチスクリーン式のインフォテインメントを装着することも可能だ。

EVコンポーネンツは、最新の電気自動車であるI-PACEのものが多く流用されているという。面白いのは、リチウムイオンバッテリーパックのサイズと重量が、元々の直列6気筒エンジンに合わせられていること。その直後の、やはりEタイプのギアボックスと同じ場所に電気モーターが置かれ、動力はそこから、Eタイプの駆動系をそのまま使って後輪へと送られる。

これは、つまり車体の重量バランス等々はオリジナルと変わらないということを意味する。よってサスペンションやブレーキはノーマルのまま。そしてフットワークもオリジナルのEタイプ同様となる。

この特徴を活かして、既存のEタイプ オーナーに向けたEV化のサービスも提供される。オリジナルのエンジンは取っておいて、元の状態に戻すこともできるというから、オーナーにとっては魅力的なオファーとなるだろう。

できれば販売車両も、メーカーの手で元々のエンジンの管理、保存などが行なわれてくれればとも思う。歴史的存在へのリスペクトは失ってはいけない。

詳細なスペックや価格の発表は後日とのことだが、バッテリー容量は40kWhで、航続距離は270kmになるという。現在、問い合わせ受付中で、デリバリー開始は2020年夏とのことだ。

島下泰久