マクラーレンが2025年までに全車種をハイブリッド化

マクラーレン・オートモーティブが、2025年までのビジネスプラン「Track25」を発表した。そこに描かれた新製品開発、製造、テクノロジーに関するロードマップの中で、もっとも注目すべきはやはりプロダクトの話題だ。彼らは今後7年の間に、つまり会社設立15周年となる2025年までに、すべてのモデルをハイブリッド化する。

現在スポーツシリーズ、スーパーシリーズを擁するそのラインナップに於いて採用されるものとして「拡張ドライブ・テクノロジー」の採用が検討されており、また「バッテリーのみで30分以上のサーキット走行を可能にする軽量で急速充電が可能なハイパワー・バッテリー・システム」の開発が行なわれているというのがマクラーレンの声明だ。そのうち前者の「拡張ドライブ・テクノロジー」の内容はまだ判然としないが、後者も相当に意欲的な内容であることは間違いない。

現状ではバッテリーのみで30分以上のサーキット走行というのは、非現実的とすら言っていい。市販EVでサーキットを走行した場合、2周目ですでにパワーダウンを感じるくらいが当たり前なのだ。マクラーレンのマシンに相応しいパワーを発生し、それを長時間維持でき、軽く搭載性に優れ、急速充電も可能なバッテリーが、果たしてどのようなものになるのかは、興味が尽きない。

ちなみにフェラーリは、今後おそらく電動スーパーチャージャーを広く採用してくるはずである。ハイブリッドシステムによって減速エネルギーを回生するが、その電力でモーター駆動するのではなく、コンプレッサーを駆動するのだ。排気エネルギーが少ない低回転域でも過給ラグ一切無しに、速やかな加速を実現でき、内燃エンジンなので当然、ドライビングフィールは今まで慣れ親しんできたものの延長線上にあるこのシステムはスポーツカーとの親和性、相当高いはず。対抗するマクラーレンのハイブリッドが、一体どんなテイストを実現することになるのかは、こちらも興味深いところである。

マクラーレンは、上に述べたもののほかに軽量化推進のための新技術開発、そして製造のためのマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターの開設、P1の後継車たる新しいハイパーカーの開発、ワイヤレスアップデート技術等々のイノベーティブな内容を含むこの「Track25」に、12億ポンドもの投資を行なうという。それまでに派生モデルを含む18のニューモデルを投入し、2020年代半ばには年間約6千台の生産規模を誇るようになると謳う。この台数は現在の実に4倍である。

実に意欲的な計画。その進捗を楽しみにしたい。

島下泰久