カローラPHVも登場! 電動化モデルが多数デビューの北京モーターショー2018

トヨタ、中国へのカローラ/レビンPHV、そしてEV版C-HRの投入を発表

電動化推進の旗が盛大に振られている中国で、トヨタがいよいよ本気の侵攻を開始する。4月25日より開催中の北京モーターショーでトヨタは、2019年にカローラ、そしてその姉妹車であるレビンのPHV(プラグインハイブリッド)を投入。更に2020年にはC-HRと、やはり姉妹車のIZOAをベースとするEV(電気自動車)を市場導入すると発表した。それらを含めて、2020年までに新たな電動車両10モデルを投入するという。

50km以上のEV航続距離を想定しているというカローラPHV/レビンPHVは、トヨタ初の海外生産PHVとなる。すでにトヨタは2015年より生産が始まったハイブリッド用トランスアクスルはじめ、主要コンポーネントの現地生産体制の構築を進めているが、特に電動化の推進力が強い中国での生産だけでなく開発の体制、更に強化していく意向だという。

特に注目はバッテリー。トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社では、2020年に電動車向けの電池試験棟が稼働。そして、2020年のEV導入導入に向けて現地生産体制も整えていくという。

すでにハイブリッド車は設定されているカローラ/レビンだが、このPHVはおそらくTNGAを使用して日本では今年デビューする予定の新型になるはずだ。そうなると、日本でもラインナップしてほしいと思ってしまうけれど……。

日産、現地生産のシルフィ ゼロ・エミッションを世界初披露

中国向けとしてニッサン ブランド初の量産電気自動車として、2018年後半に発売予定のシルフィ ゼロ・エミッションは、リーフのプラットフォームを用いて開発された。中国のSMVIC基準で、航続距離338kmを達成しているという。

ホンダは中国専用電気自動車「理念 EV CONCEPT」を公開

ホンダの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、広汽本田汽車有限公司(広汽ホンダ)と共同開発した中国市場専用となる初の量産EVのコンセプトモデルを発表した。広汽ホンダの自主ブランド「理念」より2018年内に発売される予定。また、カーシェアリングサービスで使われるシェアEVとしても展開されるという。

「Concept iX3」はピュアEV版X3の予告編

BMWが間もなく登場させるピュアEVのSUVのプロローグとなるのがConcept iX3だ。最高出力270hpの電気モーターを積み、バッテリー容量は70kWh以上。150kw急速充電を使えば、30分でほぼ満充電となり、航続距離はWLTPで400kmを超えるという。

デザインでは、塞がれただけでなく左右が繋げられたキドニーグリルが目をひく。BMWがずっと守ってきたデザインだったはずなのに……。車体にはブルーのアクセントが入れられ、空力に配慮したホイールに履かせられたタイヤは細く、リアビューを見ればもちろんマフラーはない。

生産は中国。瀋陽にあるジョイントベンチャーのBMWブリリアンスの工場で行なわれる。