三菱自動車の「電動DRIVE STATION大宮店」がリチウムイオン蓄電池の導入で、さいたま市が推進する「ハイパーエネルギーステーション」に

三菱自動車が2016年10月以来、整備を続けている「電動DRIVE STATION」とは“通常の店舗機能に加え、EV・PHEVの意義や価値を多くの方に感じていただくためのプレゼンテーションツールやデモンストレーションコーナーを備えた次世代店舗”のことである。現在までに、すでに28店舗が整備され、2020年度までには200店舗を目指すという。そのうち2017年10月にリニューアルが図られた埼玉県さいたま市の「電動DRIVE STATION大宮店」が、さいたま市が地域のエネルギー安定供給施設として普及を進める「ハイパーエネルギーステーション」として再整備された。

さいたま市が整備を進めるハイパーエネルギーステーションとは、国より地域指定を受けた「次世代自動車・スマートエネルギー特区※3」の重点プロジェクトのひとつで、次世代自動車用エネルギーを平時、災害時問わず供給する機能を有する施設を指す。電気自動車用の充電器、充電器や燃料供給設備等の災害時など停電の際の稼働を可能にする太陽光発電設備とリチウムイオン蓄電池を備えるのが、その条件。「電動DRIVE STATION大宮店」は、新たにリチウムイオン蓄電池を設置したことで、これを満たした。

設置されたのは4Rエナジー社の「エネハンド蓄電池」。こちら本来は家庭用で、電池容量は12kWhとなる。

しかしながら、これだけだとハイパーエネルギーステーションの整備基準である「ガソリン自動車若しくはディーゼル自動車への燃料供給能力は一日に3時間以上給油できる程度、電気自動車への給電量は3日間で24kWh程度」に合致しない。この件について三菱自動車広報に聞いたところ、電池保護のため給電能力は更に少ない11kWhとなるが、電動DRIVE STATION大宮店には太陽光発電設備も備わっており、それとの併用により、たとえばリチウムイオン電池が満充電の状態で停電した場合、3日間でi-MiEVの16kWh仕様3台分程度、要は実質48kWh分の電力供給が可能だという。

EVの普及を進めるならば、単にクルマを電気モーターで走らせるだけではなく、こうして電気ならではの特性をフル活用しなければもったいない。是非、他の地域の「電動DRIVE STATION」でも同様の試みを積極的に推進してほしいところだ。

島下泰久