トヨタがモビリティサービス専用EV“e-Palette Concept”をCESで発表!2020東京五輪での輸送投入も!

トヨタ自動車が、現在アメリカ・ラスベガスで開催中のCESショーにて、移動、物流、物販など多目的に活用できるモビリティサービス(MaaS)専用次世代電気自動車(EV)、“e-Palette Concept”を発表した。

e-Palette Conceptは、電動化、コネクティッド、自動運転技術を活用したMaaS専用次世代EV。人やモノの移動を再定義する、「新たなモビリティ」として提供される。

低床・箱型デザインによる広大な室内空間を持つ車両は、荷室ユニット数に応じて4mから7m程度の全長が異なる計3サイズが用意され、低床・箱型のバリアフリーデザインによるフラットかつ広大な空間に、ライドシェアリング仕様、ホテル仕様、リテールショップ仕様といったサービスパートナーの用途に応じた設備を搭載することが可能となっている。

自動運転機能面では、トヨタが開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示し、開発会社はAPIを活用して独自の自動運転キットをルーフトップなどに搭載することが可能な仕様となる。

要するに、e-Palette Conceptではトヨタは動く箱としてのハードウェア(と基幹ソフトウェア)を提供し、そこに各社が開発したサービス向けの仕様と自動運転システムを組み込んで独自のサービスを展開することが出来るという、パソコンにおけるハードウェア&OSとソフトウェア&拡張機械のような仕組みのモビリティを考えていると考えれば解りやすい。

初期のモビリティサービスパートナーとして、Amazon.com, Inc.、Didi Chuxing、Pizza Hut, LLC、Uber Technologies, Inc.に、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ株式会社、Uber Technologies, Inc.が参加を表明し、2020年代前半に米国を始めとした様々な地域でのサービス実証を目指すとしている。

一方で、「2020年には一部機能を搭載した車両で東京オリンピック・パラリンピックのモビリティとして大会の成功に貢献していきたいと考えています。」(プレスリリース原文)と記載されている通り、2020東京オリンピック・パラリンピックで、e-Palette Conceptの実車が関係者の輸送に用いる事を検討している模様だ。

現在既に国家戦略特区を活用して、東京臨海部では自動運転の試験走行をトヨタを含む各社が行なっているのは知っての通りだが、これらの試験走行とe-Palette Concept計画が結びついているとすると、中央区晴海に建設される選手村のモビリティステーション&水素ステーションを発着したe-Palette Conceptが近隣の会場、例えば江東区有明に建設中の有明アリーナや、テニスの森といった比較的アクセスの容易な施設の輸送に活用されると考えられる。

本日1/10日には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会交通輸送技術検討会が開催されるがCESでのe-Palette Conceptを組み込んだ輸送技術が検討・発表されるのかに注目したいところだ。

文:編集部