2019年よりボルボ全モデルが電動化へ。

2019年以降、ボルボはすべてのモデルに電気モーターを搭載。内燃エンジンのみで動くモデルは終焉を迎える。時代の変化をまざまざと実感させる、そんなニュースが飛び込んできた。

かねてより、2025年までに100万台の電動化車両を発売すると宣言していたボルボ。その目標に向けて、まずは2019年より、ボルボはすべてのモデルにEV、プラグインハイブリッド、あるいはマイルドハイブリッドを設定する。ユーザーはこれらの中から自由に選択できるようになる。

また、2019年から2021年の間に5台の新しいEVを発売する。そのうちボルボが3モデル、ポールスター ブランドが手掛ける高性能EVが2モデルとなる予定だ。

The all-new Volvo XC90内燃エンジン車であっても、電気モーターを組み合わせ、現在では捨てている減速エネルギー、あるいはその他のエネルギーを回収して再利用すれば、効率性を大幅に改善することができる。よって、これはどのメーカーも向かっている道ではあるのだが、それをいち早く宣言したところに、この発表の意義はある。

先に発表されたポールスターもそうだが、ボルボ ブランドで登場するEVは果たしてどんなものになるのか。それこそ、ではそのボルボ車のポールスター パフォーマンス仕様は登場するのか。興味は尽きない。

島下泰久