水素か!?レクサスがデトロイトモーターショーで新型LSを発表

レクサスは、2017年1月8日からデトロイトで開幕する北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で新型LSを世界初公開すると本日発表した。

新型LSは、LCに続く新しい大型車用のプラットフォーム、GA-Lを採用し、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立し、レクサスのフラッグシップにふさわしい先見的なテクノロジーの数々を採用しているという。

車両公開に先立って、公表された半透明CGはエンジン部分がスケルトンだが、フロント部分のシルエットは東京モーターショー2015で発表された水素燃料電池自動車、LF-FCコンセプトを思わせる。

パワートレインは未発表だが、噂によればひとつはLC500hに搭載されたマルチステージハイブリッド、そしてもうひとつは新開発のガソリンエンジンになるという。水素燃料電池バージョンはあるのか?その詳細は年明け早々に判明することだろう。

文:編集部