ガソリン電気自動車の時代がやって来た!?ノートe-power、編集部レポート

「電気自動車(EV)は気になるけれど、家の近くに急速充電器無いし。」という声を、リーフを長年売ってきた日産は耳が痛くなるほど聞いたのか、ガソリンで乗れる電気自動車を発売してきました。

ノートe-Powerは電気で動く自動車という意味では紛れもなく電気自動車。ただしその電力の源は、バッテリーや水素燃料電池ではなく、ガソリンエンジンを発電機として使用して発生させた電力となります。

モーター駆動ならではの立ち上がりからの圧倒的なトルクやスムースさはそのままに、電力源をガソリン発電機とすることで、充電を必要とせず、長い航続距離を実現したといいます。

つまり、電気自動車とガソリン車の良い所取りをしたのがノートe-Powerということになりますが、そんな旨い話があるのでしょうか?

dsc_5798

横浜のみなとみらいにある日産自動車本社でノートを受け取ると、e-Powerグレード専用のディスプレイには航続可能距離800kmと書いてあります。最近になって、バッテリーの高密度化が進んできたEVとはいえ、リーフやi3の大容量タイプに乗り込んだときに表示される航続可能距離は200km程。まさに未来かと思えるほどの航続距離ですが、ご存じの通りガソリンエンジンですから普通の話です。

床下にバッテリーを積まないためトランクスペースなど一切犠牲になっていないどころかボードの下に収納スペースまで用意されています。スタイリング含めて、勝手知ったるガソリン車そのもので、ボンネットを開けて従来のトランスミッションが収まっていたスペースにジェネレーターやモーターなどが入っている点だけが根本的に違います。

dsc_5765

日産の提案する未来のドライブトレインや如何に!?と、イグニッションボタンを押すと「ブゥーーン」。。。エンジンがスタートし、そこに未来感はありません。が、起動して、バッテリーが充電されるとすぐにエンジンは停止してEV走行モードに入ります。

走り出してみると、変速機なしのモータードライブであるため、発進のギクシャク感や変速ショックなど存在すらしません。1kW程(走行距離にして7km程の走行が可能な容量)のリチウムイオンバッテリーがシートの下に装備されているため、アイドリングや発進時こそ完全モーター駆動ですが、少し走っているとバッテリーが足りなくなってエンジンが起動して充電しつつ駆動系に電力を供給します。動きの節度感はウルトラスムースな電気自動車そのもの。それでいて、エンジンは普通のガソリン車よりも遮音されているとはいえ音は普通に聞こえるので、やはり未来感はありません。

dsc_5855

思わず島下泰久さんに「未来感ないですね…」とメッセージを送ると、「(電気自動車に慣れていると気がつかないかもしれませんが、)巷ではe-Power、未来そのものですよ」と返って来ました。

そう言われながらも、ハイブリッドやPHVと比べて明確な未来はないですよねと思いながら山下公園のインターチェンジから湾岸高速に乗ると、エンジンの音は聞こえど、ふと、気持ちが電気自動車の静寂感に包まれていることに気がつきます。

FFなのにステアリングにエンジンやトランスミッションのノイズが伝わってこないではないですか。ノートe-Powerはフロント駆動なれど、エンジンと駆動系モーターが完全に分離しているためエンジンが回っていてもステアリングフィールは洗練されたままなのです。

dsc_5794

そして、Sモードに入れて本線への合流で踏み込むと、バッテリーが出力できる最大までの加速度を発揮すると同時にエンジンが回転数を上げて電流を足し、一瞬の貯めがあったのちに猛烈な勢いで加速します。200万円を下回る自動車でこの加速はあり得ません。2リッターターボ相当の加速という宣伝文句に偽りはないといえます。

タイヤにはologicのような特殊規格ではなく普通の185幅のブリヂストンB250を装着しており、ロードノイズは電気自動車として聞くと大きめですが、それによって高速巡航中のエンジン音は気にならないので結果として悪くはありません。エンジン自体の発熱潜熱が伝わってくるため、エアコンをオフにしていても寒くないのは電気自動車の冬場の辛さを知っている人には夢のような話とも言えます。

dsc_5840

横浜から東京までの30kmの距離を燃費を意識しながら走ると、メーター読みでの燃費はおよそ25km/L。都市高速の流れに乗って走るような走りでは、燃費も良くリニアに加速するため、あらゆる意味でストレスがありません。都内一般道での燃費は、さして燃費運転は得意ではない部員の走りで22km/L程。返却時に何も気にせずに湾岸高速の追い越し車線の流れに沿って走ってみた所、28km/Lになりました。瞬間的に速度を出しても、ノートe-Powerは燃費は大して落ちないようです。普通の乗り方をしている限りは20km/Lを下回ることはなく、延べでは25km/Lに近い所に収まるという感覚です。

サステイナブルという観点では、ガソリンを燃やして走るため排出ガスは出ますし、ローカルエミッションという意味でも、EVモードのみに固定して走行することが出来ないのでローカルに音と排気ガスを出すという点では従来のガソリン車からの大幅な進化はないものの、走りの面では電気自動車のメリットをエンジン音を除けば大きく受けられるノートe-Power。

dsc_5848

いきなりリーフを買うのはハードルが高いというユーザーに従来の使い勝手のまま電動の自動車に乗れるノートe-Powerは、”電動”自動車の初めの1台にちょうど良い落とし所の乗り物に仕上がっていると言えます。

文:編集部