ホンダ、クラリティ フューエル セルが発売。価格は766万円

_L2H8984_re

本日、ホンダがホンダが新型FCV、クラリティ フューエル セルを発売した。FCVの本格普及を目指して市場に投入されるクラリティ フューエル セル(以下、クラリティ)は、セダン型FCVとして世界初の5人乗りを実現。

_L2H9010_re

70MPaの高圧水素タンクを採用し、1充填走行距離、約750kmを達成した。最高出力は130kW、最大トルクは300Nmで高速道路でも直4エンジン搭載のミッドサイズセダン並みの加速性能を実現しているという。

_L2H9023_re

当面は法人向けのリース販売が行われ、年間の販売目標は200台。一般ユーザーへの市販は1年後を目処に開始されるという。メーカー希望小売価格は7,660,000円。H28年度予算にもよるが、CEV補助金適用後の実質価格は500万円台中盤と想定される。

_L2H9051_re

東京・青山のホンダウェルカムプラザで行われた記者発表会では実際の車両に乗ることが出来たが、「大人3人が余裕で座れる」という後席の広さは十分。アコード並みかそれ以上の居住空間が実現されている。一方で水素タンクが大型のため、トランクは「ゴルフバッグが3つ入る」というが、スクエアな空間とはなっていない。自動操舵機能こそ装備されないものの、アダプティブクルーズコントロールやレーン逸脱防止機能、急発進防止機能など、先進の安全装備が一通り揃っている。

_L2H8974_re

大人5人が乗れる空間を実現するために、FCスタックをフロントボンネット下に収めたレイアウトを持つクラリティ。気になるその走りの詳細は試乗出来次第レポートしたい。