東海道・電気自動車時代の到来を告げるテスラ浜松スーパーチャージャーステーションの実力

気がつけば国内11拠点となる新しいスーパーチャージャーステーションをテスラが7月17日に開設した。新東名 NEOPASA浜松サービスエリアに隣接するぷらっとパーク第2駐車場に設置される新しいスーパーチャージャーによって、…続きを読む

Read more

芝公園水素ステーション、充填可能圧力82MPaにアップ

水素ステーションでは、充填圧力を高めることにより充填量を増やすことができる。それにより充填時間の短縮に繋がるだけでなく、航続距離を伸ばすことも可能だ。たとえばMIRAIの場合、JC08モード換算の航続可能距離は約700k…続きを読む

Read more

都心のユーザーに朗報。東京目黒水素ステーションOPEN

改めて言うまでもなく、燃料電池自動車(FCV)の目下、最大の弱点は水素インフラだ。充填できるステーションが少なく、やっていても営業日や営業時間が限られているため、行動範囲がどうしても狭くなってしまう。 しかし実は3月以降…続きを読む

Read more

ジャガー・ランドローバーが“究極の”自動運転テストコースを開設

自動運転技術、そしていわゆるコネクテッドカーの開発において、カギとなるのが、いかに効率的な開発の舞台を用意するかだ。テストコースでは、実際の交通状況を完全に再現することは不可能だからである。 ジャガー・ランドローバーは、…続きを読む

Read more

お正月休みの水素事情 MIRAI長期テスト Part.2

新年おめでとうございます。 今年もサステナをよろしくお願いします。 長期テストと言いつつ、またもクルマ本体の話ではなく、インフラの話。 MIRAIを走らせるのに欠かせない水素の充填、現状では平日の日中ですら難儀することが…続きを読む

Read more

ホンダが、太陽光エネルギーから水素を生成するスマート水素ステーションをHonda和光本社に設置

ホンダが、独自に開発した高圧水電解システム「Power Creator」を採用したパッケージ型「スマート水素ステーション(以下、SHS)」をHonda和光本社ビルに設置し稼働を開始したと発表した。SHSでは、太陽光発電に…続きを読む

Read more

水素が入れられない! MIRAI長期テスト Part.1

長い納車待ちを経てサステナへとやってきたトヨタMIRAI。納車の話、点検の話など書きたいこと、書かなきゃいけないことは色々あるのだけれど、その前に今回は最新の気になる状況について書いておきたい。 今、とにかく声を大にして…続きを読む

Read more

東京大学が太陽光エネルギーの約25%を水素に変換する世界最高効率の水素製造法を発表

東京大学は、東京大学の杉山正和准教授、藤井克司特任教授、宮崎大学の西岡賢祐准教授らの研究グループが、高効率太陽電池の電力で水を電気分解するシステムを構築し、太陽光エネルギーの24.4%を水素に蓄えることに成功したと発表し…続きを読む

Read more

高速道路料金が実質50%offになる高速道路利用実態調査が前倒しで終了

EV及びPHEVの高速道路料金が8月までは最大1000円、9月以降は実質半額(詳細は公式サイトを参照)になる高速道路利用実態調査プロジェクトが、調査協力費の支払見込額が予算額に達する見込みになったとして、本日、年末までの…続きを読む

Read more

トヨタ、ホンダ、日産が共同で水素ステーション運営費支援

燃料電池自動車の普及には、いくつかの欠かせない要素がある。魅力的なクルマの供給や、車両価格の低減などクルマ側にも、もちろんいくつも課題があるが、同時に燃料を供給する水素ステーションの整備が進むことも、非常に重要。この両輪…続きを読む

Read more