アストン・マーティン初のEV「ラピードE」は18650電池を採用! 世界限定155台を発売

かねてより将来の電動パワートレインの採用を宣言してきたアストン・マーティンが遂に最初のBEV(バッテリー電気自動車)を登場させる。車名は「ラピードE」だ。 ラピードEは2基の電気モーターを使って後輪を駆動する。最高出力は…続きを読む

Read more

いよいよEV本格普及のフェイズへ。メルセデス・ベンツEQCがデビュー!

メルセデス・ベンツが立ち上げた電動モビリティのサブブランド「EQ」の第一弾モデルとなるEQCが、スウェーデンはストックホルムにある美術館、アルティペラーグにて開催されたワールドプレミアイベントにて遂に発表された。いよいよ…続きを読む

Read more

最新自動車トレンド全部乗せの“EV”で“SUV”。ジャガー「I-PACE」を試す Part.1

 ポルトガル南部のファロで開催されたジャガーI-PACEの国際試乗会は、いつものジャガーの流儀で2日間に渡って何百kmも、お腹いっぱいになるほどの走行時間が設けられていた。それでも、容量90kWのリチウムイオンバッテリー…続きを読む

Read more

ポルシェの電動化戦略 Part.2 「ミッションEのパッケージングの秘密」

Part.1はこちら  さて、それでは新たな工場で生み出されるミッションEは、果たしてどんなクルマとしてデビューすることになるのか。「テスラはイノベーティブな存在で、自動車の世界に変化をもたらしましたが、ポルシェはポルシ…続きを読む

Read more

ポルシェの電動化戦略 Part.1 「建設中のミッションE工場を見学」

 近年のポルシェが特に力を入れ、巨額の投資を行なっているのが電動化、デジタル化、コネクティビティという領域だ。筆者が出席した、2017年の業績について報告する年次記者会見の席でポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ…続きを読む

Read more