トヨタが東京2020オリンピック・パラリンピックでモビリティ社会の未来を提案

 オリンピック、パラリンピックのワールドワイドパートナーであるトヨタが、2020年開催の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下“東京2020”)にて、“単なる車両供給の枠を超えた”と謳うモビリティソリュー…続きを読む

Read more

トヨタが燃料電池自動車の生産設備を拡充。2020年に年間3万台の販売を目指す

トヨタは2020年頃からの燃料電池自動車(FCV)の年間3万台以上の販売という目標を実現するため、販売国と地域を拡大。また、生産設備の拡充を行なうと発表した。 燃料電池自動車のMIRAIは現在、日本、アメリカ・ヨーロッパ…続きを読む

Read more

セブン-イレブンとトヨタ、共同で水素活用へ

セブン‐イレブン・ジャパンとトヨタが、物流および店舗における省エネルギー・CO2排出削減に向けた検討に関する基本合意書を締結したと発表した。両社は、トヨタが新たに開発する水素を活用した車両や発電機などを導入し、将来の低炭…続きを読む

Read more

LUNA SEA結成記念日ライヴでSUGIZO氏、燃料電池自動車で発電した電気でギターを鳴らす!

昨日5月29日、東京都の日本武道館にてロックバンド「LUNA SEA」の結成28年目の記念日となるライブが「水素燃料電池コンサート」として開催された。ギタリストのSUGIZO氏のギター、そしてグッズを買う販売用テントで使…続きを読む

Read more

クラリティ フューエル セルのタクシーが走り出す!

ホンダが今年6月末を目処に、燃料電池自動車であるクラリティ フューエル セルのタクシーとしての運用を開始すると発表した。帝都自動車交通株式会社(東京都中央区)、株式会社仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車有限会社(埼…続きを読む

Read more

イワタニ水素ステーション芝公園は22時まで営業中。

先日のこと。水素の残りがわずかになっていた我がMIRAI、本当は羽田空港まで行く道すがらに水素を補給しておこうと思っていたのが予定が遅れて叶わず、そのまま羽田に行くことになってしまった。帰国便の到着は、夕方。しかも帰りに…続きを読む

Read more

芝公園水素ステーション、充填可能圧力82MPaにアップ

水素ステーションでは、充填圧力を高めることにより充填量を増やすことができる。それにより充填時間の短縮に繋がるだけでなく、航続距離を伸ばすことも可能だ。たとえばMIRAIの場合、JC08モード換算の航続可能距離は約700k…続きを読む

Read more

ダイムラーのD.ツェッチェCEO『将来はEVを選ぶ人が大半を占めるでしょう』

3月1日がプレスデーが開幕したジュネーヴ国際モーターショー会場でのインタビューにて、ダイムラー社 取締役会会長 兼 メルセデス・ベンツ・カーズ統括のディーター・ツェッチェ博士は「最終的に、乗用車のユーザーはEVを選ぶ人が…続きを読む

Read more